観光危機管理とは?

台風、地震、津波、航空機・船舶事故、感染症などの災害や事故により、観光客や観光産業に大きな影響や被害をもたらすことを「観光危機」といいます。そして、この観光危機を事前に想定し、被害を最小限に抑える対策と対応を皆で計画的に行うことが「観光危機管理」です。

万が一沖縄で観光危機が発生しても、観光客の安全や安心が守れるよう、そして、また沖縄に来てもらえるよう、県全体で「観光危機管理」に取り組んでいきましょう!

動画コンテンツ